介助専門士養成講習

講習について

特色

オリジナルカリキュラム

講習カリキュラムは職種に応じた内容で行います。
各カリキュラムで行う内容は貴社の業務を想定して編成します。

出向型講習

御社に出向し講習を行います。経費、時間の節約、講習効果UP!

アフターサポート

電話やメールで質問や不安など相談頂けます。

全国企業の介助取組み好事例や活用方法などメルマガで配信。

ブログからも介助情報、活動報告を配信。写真や動画も取れ入れ、資格取得後の孤独や不安を補います。

ブログ「日介協 山本のブログ 介助は快助で」

超体験型講習(介助する側とされる側を同時体験)

講習日は希望日を実現(半年先までの予約受付可能)

講習場所は貴社内(リアルな環境で行うことにより、より実践感が生まれます。)

永久資格です!(更新制度がないので経費の節約になります。)

主な講習内容

当協会では、職種ごとにカリキュラムを編成し受講企業様の仕事シーンを想定し、
より仕事で役立つ内容を考えて作成しております。
「車いすのお客さま介助」といっても、必要になる介助は職種により異なる為、
ニーズに即した内容で一回一回カリキュラム内容を編成しております。

  • 聴講
  • 高齢者疑似体験
  • 車いすのお客様へのご対応
  • 視覚障害のあるお客様へのご対応
  • 手話
  • 点字
  • ロールプレイング
カリキュラム例
about_Shortcourse15
about_Shortcourse-_03

自動車販売店

実車を基に、車いすのお客様の移乗やご案内の方法を訓練

百貨店

車いすや麻痺のあるお客様に洋服を試着していただく方法

講習までの流れ

介助専門士養成講習全体の流れ

料金

受講料41,040円
(税込) / 1名

+

機材費

+

講師交通費2名

受講料に含まれるもの

  • 2日間の講習受講料
  • 介助専門士養成講習テキスト
  • 介助専門士課題レポート(事前課題)
  • 検定試験実施料金
  • 介助専門士養成講習修了証
  • 介助専門士認定証

受講料は事前納付をお願いしております。受講生名簿及び申込書を受け取り後、日本介助専門員推進協会より請求書を郵送させていただきます。入金確認後、ご担当者様に教材一式を発送いたします。

機材等諸経費(講習終了後に精算させて頂きます)

➀機材運搬費
高齢者疑似体験セット、点字版等講習にかかる機材運搬の費用の実費を請求させていただきます。
段ボール箱(120 サイズ)3~5 箱程度
➁講師移動経費
交通費)交通費実費をご請求させていただきます。
宿泊費)宿泊費実費をご請求させていただきます

➂車いすレンタル費用と往復の運搬費用(車いすの手配をご希望された場合)

介助専門士講習のお申込み・資料請求はこちら

お問い合わせ/お申込み

講習内容についてはこちらをご覧ください詳細をみる

Copyright (C) 2016 NPO法人 日本介助専門員推進協会. All Rights Reserved.プライバシーポリシー